«

2月 18

保険相談での保険料を支払う方法

保険料払込方法

1)払込期間

保険料の「払込期間Jには、全期払いと短期払いがあります。全期払いは、保険期間の全期間にわたって保険料を払い込む方法で、短期払いは、保険期間より短い期間に保険料を払い込む方法(たとえば、終身保険で保険期間は終身であるが払込みは60歳で終了させるなど)です。

2)払込回数保険料の「払込回数」には、月払い、半年払い、年払いおよび一時払いなどがあり、最近では月々の払込保険料を軽減するボーナス併用払いも可能になっています。月払いは毎月、半年払いは半年ごと、年払いは毎年1回、一時払いは保険期間全体の保険料を一時に払い込む方法です。

払込方法により、一定額の保険料割引を受けられます。半年払いは、月払いの集金扱いと比べて年間で約4%安く、また年払いは、月払いの集金扱いと比べて年間で約7%安くなります。さらに一時払いは、払込方法で最も総払込保険料が安くなります。

また、将来払い込むべき月払いの保険料の一部または全部をまとめて払い込む一括払いや、半年払いや年払いの保険料の一部または全部をあらかじめまとめて払い込む前納もあります。一括払いと前納は、保険料を保険会社に預けていることになるため、所定の割引が適用されます。

また、前納期間中に保険事故が発生した場合、その未経過保険料は返還されます。なお、全保険期間の保険料を前納することを全期前納といいます。全期前納はかたちのうえで一時払いと似ていますが、以下の点に主な違いがあります。

・ 保険事故発生の場合に未経過保険料が返還される。
・ 同一保険金額の場合の保険料は一時払いよりも高くなる。
・ 配当面では一時払いが有利である。

ほかに、契約時に頭金を払い込み、以後の保険料払込みの負担を軽くす
る頭金制度(一部一時払制度)もあります。

3)払込経路

保険料の「払込経路」には、次のような種類があります。

①保険会社の派遣した集金担当者に支払う方法

自宅または勤務先に集金に来てもらフ方法です。ただし、保険会社の集
金実施地区にかぎります。

② 金融機関等の口座振替によって支払う方法

銀行、信用金庫等の契約者が定めた預金口座から自動的に引き落とされ
る方法です。ただし、保険会社の定めた銀行、信用金庫等にかぎります。

③所属団体または集団を通じて支払う方法

勤務先団体などで、給与から天引きされる方法です。ただし、保険会社
との団体(集団)取扱契約が締結されている場合にかぎります。

④ 金融機関等の口座に送金することにより支払う方法

保険会社から送付される振替(振込)用紙により、郵便局または会社指
定の銀行の窓口で保険料を払い込みます。

生命保険の継続・保全方法

失効した保険を元の状態に戻す場合

1) 失効と復活

「失効」とは、猶予期聞を過ぎても保険料の払込みがなく、保険料の自動振替貸付が不可能な場合に、契約が効力を失うことをいいます。このいったん失効した契約を、失効してから3年以内に、被保険者の健康状態に異常がないことを前提に、保険会社承認のうえで元の状態に戻すことができます。これを「復活Jといいます。その場合、滞っている保険料をまとめて払い込むことになりますが、復活後の保険料は当初の契約時と変わらず、また有配当保険の場合は配当も継続されるので、新しく契約し直すよりも有利になっています。なお、変額保険については、3か月以内であれば取り扱います。

2)保険料払込みの猶予期間

保険料は定められた期間内に契約者が払い込むことになっていますが、なんらかの都合で払込みが間に合わなくなることも考えられます。この場合、契約はすぐに効力を失うことはなく、一定期間内に払込みがあればよいことになっています。この期間を「猶予期間jといい、月払いの場合は、払込期月(契約応当日の属する月)の翌月初日から末日まで、半年払い・年払いの場合は、払込期月の翌月初日から翌々月の月単位の契約応当日まで(ただし、契約応当日が2月、6月、11月の各末日の場合には、それぞれ4月、8月、1月の各末日まで)となっています。猶予期間中に起きた保険事故については、契約は有効で、あるため、当然、保険金は支払われますが、未払込みになっている保険料を差し引かれます。なお、入院給付金のように少額で、未払込保険料のほうが額が大きい場合がありますが、その際は猶予期間内に未払込保険料が支払われた場合にかぎり、給付金等が支払われます。

現金が一時的に必要になった場合

1)契約者貸付「契約者貸付」とは、保険期間の途中で一時的に現金が必要となったときに、解約返れい金の一定範囲内で保険会社から融資を受けられる制度です。返済が終了しないうちに満期になったり、死亡した場合には、満期保険金または死亡保険金から残りの元金と利息が差し引かれて支払われます。

2)配当金の引出し

「配当金の引出しJとは、配当金の受取方法を積立(配当金に利息をつけて契約者から請求があるまで保険会社に積み立てておく方法)にしている場合に、積み立てた配当金の全部または一部を途中で引き出して使えることをいいます。配当金の受取方法は加入時に決めますが、保険種類によってあらかじめ決められている場合もあります。また、途中で変更することができる場合もあります。

保険相談 ランキング比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>